f:id:music-kanazawa-discs-blog:20161127110536j:plain

例によってスティーヴ・スワロー参加作は素通りできない、という理由以上の期待もせずに買ったトーレ・ヨハンセンだったんだが中身はまずまず良い。S・スワロー自身が主役のときにはもう演らないような気分のある初期の佳曲「Eiderdown」「Falling Grace」が嬉しい。そしてこれらの曲にはトランペットがよく似合うと気が付いた。そういえば若き日のスワロー氏はベースよりも前にトランペットをやってたはずだな、とワザとらしく思い出してみたり。